底地取扱店へ相談

不動産会社には、借地権の売買を行っている底地取扱店と、取り扱いのないところがあります。相続借地権はトラブルになることが多いことから、取り扱いを嫌がる不動産会社もあります。相続借地権の取り扱いのある底地取扱店に相談しましょう。

借地権の相続自体は地主に承諾を得る必要はありませんが、相続人へと名義が変更になることは地主に伝えておいた方が良いでしょう。借地契約で、新たな借り主の名義への変更手続きを行います。底地取扱店に相談しかし、借地権の相続は譲渡には該当しないので、地主への「譲渡承諾料」や「名義変更料」といった支払いは発生しませんから、地主に請求されるようなことがあっても応じる必要はありません。

ただ、借地権を売却する場合、「遺贈」による借地権の移転の場合については地主の承諾が必要になり、「譲渡承諾料」が発生しますから気をつけてください。借地権に関してくわしい底地取扱店に依頼することが大切です。借地権の名義と建物の名義が同一で相続した場合は、相続した人に借地権が移るだけなのでトラブルになりませんが、借地権の名義が父親でも、建物の名義が母親になっているケースがあるようです。名義人が同一でない場合などは、契約書の確認が必要になりますから、底地取扱店に相談しておいた方が良いでしょう。