相続借地権のトラブル

借地権とは、他人の土地の上に自分の建物を建てる権利を言います。借地権を所有している人が亡くなった場合、一般的な遺産と同じように相続の対象になります。借地権を相続した場合、ケースによっては新たに借地契約などを結ぶ必要があり、地主に「譲渡承諾料」や「名義変更料」などを支払う必要があるかもしれません。

借地権今まで通りの契約で土地を借りることができる場合は問題ありませんけど、相続する際に更新料が高すぎたり、地代を値上げされてしまった場合などに、地主とトラブルになるケースがあるようです。借地権を相続する場合に必要になる手続きですが、まず相続したら地主に連絡してください。このとき、地主から金銭を要求されることもあるようですが、これは支払わなくて良いお金です。相続借地権の知識がないと、この段階でトラブルになりそうです。

相続借地権のトラブルをどこに相談するかですが、底地取扱店に依頼することができます。底地取扱店というのは、借地権の売買を行っている不動産会社です。不動産会社には、借地権の取り扱いのあるところとないところがありますから、相続借地権についてくわしい不動産会社に相談しましょう。

借地権を相続した場合の基本ですが、地主に承諾を得る必要はありません。契約期間や地代などは、そのまま相続人に承継されるということです。ただし、法定相続人以外へ「遺贈」する場合に譲渡とみなされて、地主の許可と契約の変更が必要になります。このとき、「譲渡承諾料」や「名義変更料」などを地主に要求されることもあるため注意が必要です。