借地権を売却

相続した借地権を第三者に売却することができますし、家を賃貸に出すことも可能です。しかし、素人が借地権を第三者に売却するのは難しいですから、底地取扱店に相談しましょう。賃貸にする場合は地主の許可はいりませんけど、借地権を売却する場合は地主の許可が必要になります。また、地主に「譲渡承諾料」を支払わなければなりません。地主の許可を得ることなく、無断で譲渡した場合には、土地の賃貸借契約を解除されてしまうこともあるようです。
借地権の売却
地主が相続を許可してくれない場合は、裁判所に「借地非訟手続」を行うことで、地主の承諾に代わる借地権譲渡許可の申し立てをすることが可能です。借地権譲渡許可の申し立てをすると、裁判所は譲渡の理由、契約期間や地代などの条件、譲渡する人の地代の支払い能力などを考慮して、借地権譲渡許可の申し立てについて許可を下します。また、裁判所は地主に支払う譲渡承諾料の額についても決定してくれます。

法定相続人以外に借地権を譲る場合は、「遺贈」になります。遺贈による借地権の権利移転には、地主の承諾が必要となり、「譲渡承諾料」を支払うことになります。この承諾料が高くてトラブルになる例もあるようです。借地権を売却する場合は、底地取扱店にご相談ください。

関連リンク / ピタットハウス