名義の変更

借地権を相続したら、地主との借地契約の内容を確認してください。借地契約書が紛失していたり、そもそも交わされていない場合もあるようですが、その場合は新たに借地契約書を作成してもらいましょう。

相続しただけでは、家の名義は換わりませんから、「名義の変更」を行う必要があります。名義の変更どのような手続きを行ったらいいのかわからない場合は、底地取扱店に相談すると良いでしょう。たとえば、相続が祖父から父へ、父から息子へと行われている場合は、誰の名義になっているのかを確認して、自分の名義に変更しましょう。

借地権の相続は「譲渡」ではありませんから、更新の際に費用はかかりません。また、「名義の変更料」なども必要ありません。まず、トラブルのひとつとして、地主に「更新料」や「名義の変更料」を要求されることがあるようです。また、法定相続人以外の第三者に「遺贈」する場合は、譲渡となるため「譲渡承諾料」が必要になります。

第三者に「遺贈」できるのは、地主が許可した場合で、地主に遺贈を反対された場合は、ふたつめのトラブル発生となります。このように名義を変更する際に、トラブルが発生する場合がありますから、底地取扱店に相談してみてください。